top of page

by 廻 由美子


前回の「林光」についてはこちら



さて、シェーンベルクのベルリン・キャバレー時代については以前お話ししましたが(mimi-newsの「キャバレーとシェーンベルク」をご覧ください)、今回は、その歌詞の内容をご紹介したいと思います。

詩人の名前にもワクワク!

さすが、シェーンベルクが選んだ詩人たちとなれば、一味違います。

アルバン・ベルクのオペラ「ルル」の原作である「地霊」「パンドラの箱」の作者であり、自らもキャバレーでギターを持って歌い、若かりしブレヒトに多大な影響を与えたヴェーデキント(1864〜1918)

ユーモア小説から詩、台本、舞踊劇、雑誌編集、「ドイツのシャンソン」の編纂など、世紀末を自在に駆け抜けたビーアバウム(1865〜1910)

モーツアルトの歌劇「魔笛」の台本作家としても有名ですが、それにはとどまらない劇場人、天才興行師であったシカネーダー(1751〜1812)の名前も見えます。

歌詞を眺めていると「ったくもう!」という気分にもなりますが、いやいやどうして、こういう詩人たちは、その鋭い批評眼で社会を見て、ユーモアと皮肉を効かせた言葉を散りばめて、世間に「気づき」を与えてきたのです。

では、歌詞大意をお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェーンベルク:ブレットル・リーダー

歌詞大意:廻 由美子 helped by 工藤あかね

「ガラテーア」

詩:フランク・ヴェーデキント

僕の欲望はムラムラだよ、ガラテーア

キスさせておくれ、かわいいホッペに、

髪に、手に、膝に、足に

でもお嬢さん、唇だけは許しちゃいけないよ

病みつきになっても知らないよ

想像するだけにしておかないと

「分をわきまえた愛人」

詩:ヒューゴ・サラース

彼女の黒猫はフワフワ毛並み、僕の頭はツルッツル

グラマーな彼女はソファに寝そべり、猫をナデナデ

僕も撫でて~、と猫をハゲ頭に乗せる

彼女はクスッとわらい、猫をナデナデ

「ギガレッテ」

詩:オットー・ユリウス・ビーアバウム

ギガレッテちゃんが僕をお茶に呼んでくれた

真紅の部屋で、純白の衣装包まれた彼女は

まるでピエロのよう

修道僧でも彼女を好きになるさ

僕たちは馬車に乗り

「陽気」という国に旅立つんだ

恋の女神をお供にして

「アルカディアの鏡から」

詩:エマヌエル・シカネーダー

たくさんの女性に会って、

僕のハートはブンブンうなる

女性の良さがわからないヤツは、

ひとりの娘に抱かれてりゃいいさ

でも僕は、大勢の女性の周りを飛び回り

一緒にハートをブンブン鳴らすんだ

「それぞれに取り分を」

詩: コリー

兵隊のガスパー君は、閲兵場で大行進

銃はキラキラ、群衆は浮かれて叫ぶ

ブラボー!

さて、僕はかわいい愛人と、

あんなこととかこんなことしてお楽しみ

兵隊さんが守ってくれるよ 

・・・・・・・・・・・・・・・・

廻 由美子

2024年4月12日・記

記事の全アーカイブはmimi-news で!

メルマガではいち早くnewsを配信

新規配信希望はこちら


bottom of page