Tessera Music Festival "atarashii-mimi"

2021年

UP!

​次回、第29回 2021/11/12,13,14

第28回音楽祭は3日間盛況のうちに終了いたしました。
ご来場の皆さま、ありがとうございました!
演奏動画は後日配信いたしますので楽しみにお待ちくださいませ。

次回「第29回」は2021年11月12日(金)、13日(土)、14日(日)開催です!

 

第1夜 小倉美春の耳

オルレアン国際ピアノコンクール、シュニトケ国際作曲コンクールの受賞者であり、新世代の演奏家/作曲家として未来に向かう小倉美春の個展。

音楽祭委嘱作品の世界初演も!

第2夜 田中信正(pf) / 廻 由美子(pf)~火の鳥~

  「春の祭典」の刺激に続き、今回はストラヴィンスキー:「火の鳥」!!

ジョン・マクラフリンの「バーズ・オブ・ファイヤー」も!

第3夜 高橋悠治の耳 vol.14 ゲスト:波多野睦美(vo)

高橋悠治の音楽的身体が、バルトークとクルタークというまさに身体性をもつ作品を表出させる!

過去の全公演記録

  • Archiveページでこれまでの全公演の記録、及び全初演の記録がご覧いただけます。

  • 動画のあるものはURLを掲載しております。

NEWS!

「新しい耳」スペシャル・インタビュー!
第28回音楽祭の初日を飾る「山田剛史ピアノ・ソロ〜不屈の民〜」
ピアニストの山田剛史さんに廻 由美子がインタビュー。
プログラムへの思いを存分に語っていただきました。



「新しい耳」スペシャル対談!
第28回音楽祭の第2夜「工藤あかね✖️廻 由美子〜月に憑かれたピエロ〜」
演奏者2人による対談です!プログラムへの思いを存分に語っていただきました。



「新しい耳」トーク!
チック・コリアについて、廻由美子のトーク音声がアップされました。

歌詞大意更新!



第28回音楽祭の第2夜「工藤あかね✖️廻 由美子〜月に憑かれたピエロ〜」

第2夜の出演者2人が、少なくもわかりやすい言葉で大意をテキストで表現!
どうぞご覧ください。

 旧 News

January 01, 2020

mimi-cafe更新

第3夜にご出演の工藤あかねが第21回に廻由美子と演奏した「グレの歌」第1部と解説トーク、プログラムをmimi-cafeにて公開しています。

​ここでしか見られないコンテンツをお楽しみ下さい。

January 01, 2020

mmi-cafe更新

ミミカフェにて、だい27回第1夜の「白鳥の歌」「冬の旅」の歌詞大意を掲載しています

August 27, 2020

「平井 洋の音楽現場通信」 に取り上げられました

「平井 洋の音楽現場通信」 に取り上げられました!

​ぜひ一度ご覧ください。

July 03, 2020

mimi-cafe更新

mimicafeにパンフレットをアップいたしました。

December 04, 2019

「平井洋の音楽現場通信」に取り上げられました!

​新しい耳のことがとりあげられました!

​ぜひ一度お読み下さい。

1 / 10

Please reload

 ABOUT US

Music Festival “Atarashii mimi” Tessera

 

Since 2007, a very unique music festival ”Atarashii mim” is held twice every year in Tokyo.

This music festival is directed and oriented by Japanese pianist Yumiko Meguri.

 

The literal translation of “Atarashii mimi” (Japanese) into English is ”New Ears”.

Meguri intended for both the musicians and audiences to explore and challenge their ears into the world of new music through open ears, mind, and heart. Thus, the naming of the festival as "Atrashii mimi".

 

One of the aims of the music festival is to have a platform for musicians from different genres of music to come together. Up to now, musicians from various backgrounds, such as classical, contemporary, jazz, and pop have shared their arts with audiences on the stage of the festival. Sometimes, musicians from different backgrounds also join forces to create something new and exciting together. Furthermore, there is also

classical musician who gets to play jazz with professional jazz musician, as well as jazz musician challenging themselves with classical or contemporary music. The possibility of this festival is infinite.

 

Another aim of this festival is to work with composers. Many composers have since premiered (World premiere and/or Japan premiere) their new works through this festival. These include the works of Yuji Takahashi, Keiko Harada, Atsuhiko Gondai, Gyula Csapo, Osamu Kawakami, and more.

 

Recently, internationally acclaimed musicians from abroad are also invited to share their arts and love for music in this festival. For examples, Stefan Hussong (acc) and Thomas Hell (pf). The festival intend to expand their activities internationally to create a platform that has truly no boundaries from genres.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • White YouTube Icon

© 2018 by atarashii-mimi

サムネ3-2