テッセラ音楽祭・第30回「新しい耳」

5月13~15日開催!

ミミトモ会員の皆さまに、第1夜の出演者や聞きどころをご紹介!

2022年5月13日(金)19時開演(18:30開場)

松平 敬(bar)✖️中川賢一(pf)~はじまりの歌・たそがれの歌~

 

「超バリトン」と「超ピアニスト」によるデュオ第3段!

作曲家の青春そのものの初期の作品群、そして円熟期、晩年の作品を後半に。

揺るぎない技術と高い音楽性を持つ実力派2人だからこそ可能なプログラムです。

お2人の凄まじい集中力、表出力は他の追従を許しません。どうぞこの機会をお見逃しなく!

 

 

プログラム

新しい耳30回第1夜 松平敬x中川賢一

ドレスラー(ベートーヴェン編):行進曲 

ベートーヴェン:愛されない男のため息とそれに答える愛 

モーツァルト:幼少期のピアノ曲K1a〜f 

シューベルト:魔王Op.1 

シェーンベルク:二つの歌曲Op.1 

ベルク:ピアノ・ソナタOp.1 

 

 休憩 

 

シューマン:天使の主題 

シューベルト:ドッペルゲンガー 

モーツァルト:ラウラによせる夕べの想いK523 

マーラー:私はこの世から姿を消した 

R.シュトラウス:太陽の光の中Op.87-4 

ムソルグスキー:歌曲集「太陽なしに」 

フォーレ:歌曲集「幻想の水平線」Op.118 

佐藤聰明:今日は死ぬのにとてもいい

松平 敬 [ 声、バリトン ]

愛媛県宇和島市生まれ。東京芸術大学卒業、同大学院修了。現代声楽曲のスペシャリストとして、湯浅譲二、松平頼暁、高橋悠治、池辺晋一郎、西村朗、近藤譲、三輪眞弘、川島素晴など150曲以上の作品を初演する。クセナキス、シュトックハウゼン、カーゲルなど、演奏至難な作品の日本初演も手掛ける。これまでサントリーホール・サマーフェスティバル、新国立劇場、国立劇場、コンポージアム(東京オペラシティ財団)、東京・春・音楽祭、Just Composed(横浜みなとみらいホール)などに出演。自主企画公演においては、無伴奏独唱曲ばかりを集めたリサイタル、東京23区の区歌・愛唱歌の全曲演奏、音響詩の演奏など、独創的なプログラミングが話題を呼んでいる。CD録音においても、一人の声の多重録音を駆使した『MONO=POLI』(平成22年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞)及び『うたかた』、『エクステンデッド・ヴォイセス』と、個性的なアルバムを発表。チューバの橋本晋哉氏とのユニット「低音デュオ」名義でも2枚のCD、『ROTATION』、『双子素数』(『レコード芸術』準特選盤)をリリース。2019年には、シュトックハウゼンのほぼ全作品を網羅した著書『シュトックハウゼンのすべて』(アルテス・パブリッシング)を出版(第32回ミュージックペンクラブ音楽賞)。第19回佐治敬三賞受賞。現在、聖徳大学、文教大学、東京大学講師。[2021年3月現在]

https://matsudaira-takashi.jp

お2人のプロフィールをご紹介しましょう!

 

松平 敬 [ 声、バリトン ]

愛媛県宇和島市生まれ。東京芸術大学卒業、同大学院修了。現代声楽曲のスペシャリストとして、湯浅譲二、松平頼暁、高橋悠治、池辺晋一郎、西村朗、近藤譲、三輪眞弘、川島素晴など150曲以上の作品を初演する。クセナキス、シュトックハウゼン、カーゲルなど、演奏至難な作品の日本初演も手掛ける。これまでサントリーホール・サマーフェスティバル、新国立劇場、国立劇場、コンポージアム(東京オペラシティ財団)、東京・春・音楽祭、Just Composed(横浜みなとみらいホール)などに出演。自主企画公演においては、無伴奏独唱曲ばかりを集めたリサイタル、東京23区の区歌・愛唱歌の全曲演奏、音響詩の演奏など、独創的なプログラミングが話題を呼んでいる。CD録音においても、一人の声の多重録音を駆使した『MONO=POLI』(平成22年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞)及び『うたかた』、『エクステンデッド・ヴォイセス』と、個性的なアルバムを発表。チューバの橋本晋哉氏とのユニット「低音デュオ」名義でも2枚のCD、『ROTATION』、『双子素数』(『レコード芸術』準特選盤)をリリース。2019年には、シュトックハウゼンのほぼ全作品を網羅した著書『シュトックハウゼンのすべて』(アルテス・パブリッシング)を出版(第32回ミュージックペンクラブ音楽賞)。第19回佐治敬三賞受賞。現在、聖徳大学、文教大学、東京大学講師。[2021年3月現在]

https://matsudaira-takashi.jp

中川 賢一(ピアノ) Ken’ichi Nakagawa

桐朋学園大学音楽学部でピアノと指揮を学び、卒業後、ベルギーのアントワープ音楽院ピアノ科首席修了。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。帰国後は、ソロ、室内楽、指揮で活躍する他、国内外の様々な音楽祭に出演。NHK-FMなどに度々出演、新曲初演多数。ダンスや朗読など他分野とのコラボレーションも活発。指揮者として、東京室内歌劇場、東京フィル、広響、仙台フィル他と共演。現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ノマド」のピアニスト、指揮者。(一財)地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。「こどものためのクラシック」登録アーティスト(ソニー音楽財団)。お茶の水女子大学、桐朋学園大学非常勤講師。

テッセラ音楽祭・第30回「新しい耳」

第1夜

松平敬(バリトン)✖️中川賢一(pf)~はじまりの歌・たそがれの歌~