top of page

海外からのゲストたち1      シュテファン・フッソング     by 廻 由美子





2007年に立ち上げた「新しい耳」テッセラ音楽祭には、海外からの演奏家たちも登場しました。

その中でも最多はクラシック・アコーディオンの最高峰、シュテファン・フッソング(Stefan Hussong) です。

第3回(2008年)、第11回(2012年)、第19回(2016年)、第23回 (2018年)と来日演奏し、アコーディオンに彼自身の血を注ぎ込むような熱い演奏で観客を魅了してきました。

主宰の廻 由美子とのデュオはコロナ前まで続き、作曲家の原田敬子、ホープ・リー(カナダ)、デイヴィッド・イーグル(カナダ)に委嘱し、数々の名作を生み出しました!

音楽祭で世界初演された作品は、フッソング・廻のデュオによりドイツ、イタリア、カナダ、台湾などで演奏され、世界に羽ばたいていきました。



東日本大地震と原発事故の後に廻とフッソングの2人が原田敬子に委嘱した作品「F.フラグメンツ」は2012年にテッセラ音楽祭で世界初演され、その後新たに録音したものがCD化されて、ドイツの WERGO、キング・インターナショナルでリリースされました。

今ではアコーディオンとピアノの現代デュオ作品として、次世代の演奏家にも受け継がれ、世界中で演奏され続けています。


シュテファン・フッソング x 廻 由美子、2人のデュオによる動画をお楽しみください。

アストル・ピアソラ:「レヴォリュシオナリオ Revolucionario」

2018年11月3日、第23回音楽祭での演奏です。





Comments


bottom of page